歯科技工士の役割|豊島区目白の審美歯科

WEB予約

歯科技工士の役割

歯科技工士の役割

  

歯科医師と歯科技工士

歯科医師と歯科技工士

審美治療で使う詰め物や被せ物を作るのは、私たち歯科医院ではなく専門技術をもつ歯科技工士です。患者様と直接話すことはないものの、彼らなくして質の高い治療を提供することはできません。いくら歯科医師の腕が良かったとしても、歯科技工士の腕が悪ければ、質の悪い補綴物ができてしまうからです。

患者様の歯の型取りをするのは歯科医師であり、その型取りを元に補綴物を製作するのが歯科技工士です。患者様へ補綴物をご提供するまでには、歯科医師と歯科技工士の共同作業が行われているのです。

自由診療はその手間暇とコストを惜しまないことで、患者様お一人お一人に質の高い高度な治療をご提供できるのです。

歯科技工士と常に綿密な連携を

私たち若林歯科医院では、歯科技工士と綿密な連携を図っております。歯科医師と歯科技工士のコミュニケーションがスムーズなため、より質の高い補綴物を作製することができます。
また、専用の機器を保有する歯科技工士に依頼しているため、外部に発注する手間がないので、その分スピーディに作製できます。結果的に治療のスピードも上がり、大幅な時間短縮につながります。
補綴物製作の流れ

|A歯科医院の場合

  • |A歯科医院の場合
    |A歯科医院の場合

|若林歯科医院の場合

  • |若林歯科医院の場合
    |若林歯科医院の場合

ページトップへ