歯周病治療|豊島区目白の審美歯科

WEB予約

歯周病治療

歯周病治療

  

審美治療、その前に

審美治療、その前に

審美治療を始めるには、歯が健康であることが大前提です。そのためには、虫歯や歯周病は事前になおしておかなければなりません。

すぐに出血してしまったり、炎症を起こしてしまうと精密な型をとることができません。歯が不健康な状態で無理に審美治療をすすめると、詰め物や被せ物は問題なくても歯自体がだめになってしまう可能性があります。

歯周病は予防第一

歯周病は予防第一

歯周病は歯肉の炎症からはじまります。歯と歯肉の間から入った細菌が歯肉に炎症を引き起こし、さらに歯肉の中にある歯槽骨を溶かしていきます。

初期症状がほとんどないので、気づいた時にはすでに進行している、ということが大半です。歯周病はまずならないことが肝心で、予防第一です。万が一なってしまった場合は、速やかに治療を受け、完治してから審美治療を進めましょう。

「歯肉の炎症で型がとれない」とならないように、まずは健康な歯を保つことが重要です。

事前準備と術後のケア

事前準備と術後のケア

歯周病治療後も毎日のセルフケアを怠らないようにしてください。自宅での正しいブラッシングと歯科医院での定期検診を両立させることで、歯の健康を持続させることができます。

健康な歯があってはじめて審美歯科の治療も有効になります。審美治療を始める前の事前準備、その後のケアをしっかり行い、歯を喪失する危険を未然に防ぎましょう。

ページトップへ