審美治療の流れ|豊島区目白の審美歯科

WEB予約

審美治療の流れ

審美治療の流れ

  

01 応急処置

01 応急処置

緊急な処置が必要な場合は、まず応急処置を行います。

02 診査・診断

02 診査・診断

レントゲン写真を撮り、目に見えない隠れた病気も発見します。歯型を取って上下の咬み合わせのバランス、歯並びを見ます。

03 デンタルドック

03 デンタルドック

デンタルドックでレントゲン検査、口腔内・顔写真撮影、顎模型診査などを行います。

04 カウンセリング

04 カウンセリング

診査・診断の結果をもとに、歯科医師から症状、病因、治療方法、期間、費用についてご説明します。再発予防とスムーズな治療のためには、患者様のご理解とご協力が必要です。

05-1 予防プログラム

虫歯も歯周病も口腔内の環境改善で予防が可能です。歯科衛生士が責任を持って虫歯、歯周病の原因を除去します。
プラークを取り除くこと(プラークコントロール)を目的としたブラッシングや徹底した歯石の除去、食生活の工夫と改善が再発を防ぐ前提条件となります。

05-2 審美治療

患者様のご要望に合わせて審美治療を行っていきます。たっぷりと時間を取った贅沢な治療をご堪能ください。
審美治療はセラミック製の詰め物や被せ物を使えば良いという単純なものではありません。歯とのフィット感や咬み合わせなど、様々な視点から診る必要があります。

06 メインテナンス

06 メインテナンス

口腔内の環境が治療前と同じになれば、必ず病気は再発します。虫歯も歯周病も初期のうちは症状がありません。毎日のブラッシングによる患者様自身のセルフケアと定期的な検診によるプロフェッショナルケアが必須です。

ページトップへ